« 売れない作曲家 作品集 地名ソングVol 2 | トップページ | あっという間の1年 »

2006年11月24日 (金)

売れない作曲家 作品集 地名ソング Vol 3

061124_215901
061124_215601  
 今まで作った地名ソングは、前述の6曲の他に「もりおか100年讃歌」「壱岐の島情歌」「白河旅情」「西海の街」「この故郷で」「小諸恋しや」「内灘海物語」「横浜トワイライト」「京の夕暮れ」「浪花・大阪・そして未来」「金沢~愛があふれる郷」「We love KOBE」・・・などがありますが、半分くらいは譜面と歌詞を引っ張り出さねば、歌えそうにありません。

その集大成として生まれたのが、現在住んでいる横浜市都筑区の区民の歌となっている「夢の都筑」
この歌も都筑区誕生から2,3年した頃、区民の歌募集というチラシを、友人のマンションで見つけ生み出した歌です。
募集のチラシを見た時、直感で「あっ、これでやっと金賞だ! だってオレ 地元だもん!」と浅はかにも思いました・・・

モチーフは単純明快。
こんどは図書館も必要なし。
普段見慣れた、港北ニュータウンの風景・・・そこで暮らす人々・・・
つまり自分達自身を描けばいいのですから。
そして録音を済ませ(タイトルにも詞・曲にも、ある程度の自信が)応募・・・あとは結果を待つだけ。
ところが、そこからが大変!!
「果報は寝て待て」とか「人事を尽くして天命を待て」とか言いますが、自分がいかに人間が出来ていないかを思い知らされました。

・・・人間って、最高か最悪の結果しか考えないんですね!!
長島さんと野村さんの違いって、そこだと思いますが、応募後は長島さんから野村さんに我が心が変わっていくのです。
「落ちたらどうしよう? 今までは地方のコンテスト・・・駄目で元々。でも地元で駄目だったらショックは大きい?」
さらには、「ちゃんと届いてるだろうか?」そんなことまで心配になってくる始末。

・・・しかし運命の女神は、こんなアホの私を見捨てなかった。
「審査員の皆様、その節は本当にお世話になりました」
今でも思いますが、一人一人お会いして、御礼を述べたい心境です。

「夢の都筑」は、私版の他に、アレンジされたクラシック・バージョン、ジャズ・ヴァージョン、フル・オーケストラ・ヴァージョン等があります。
また混声合唱団「夢のつづき」というグループもあり、区民まつり、コーラスのつどい等では定番となっております。
また区役所のエレベーターでは、ささやかに流れています。
私自身も、地元の歌の宅配便、イベントでは名刺代わりに必ず歌います。

「夢の都筑」

どこまでも広い空 緑萌える大地
吹き抜ける風 めぐり来る季節
人々は集い 街が生まれ
愛を育み 未来(あす)へと伸びる道
あなたとわたしが 夢の続き
追いかける そんな街
横浜 ラララ都筑 ここは我らが故郷
試聴はこちらで!

|

« 売れない作曲家 作品集 地名ソングVol 2 | トップページ | あっという間の1年 »

コメント

奥さんって、脚本家の方ですか?

投稿: | 2012年5月28日 (月) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売れない作曲家 作品集 地名ソングVol 2 | トップページ | あっという間の1年 »